国民公園 皇居外苑「半蔵門園地」門柱コンクリート擬石製品

国民公園 皇居外苑「半蔵門園地」門柱コンクリート擬石を令和3年10月納品させていただきました。

半蔵門園地は、2015年8月に駐日英国大使館敷地の5分の1にあたる約7,000㎡が日本に返地されたことにより、国民公園である皇居外苑の一部として整備された公園です。駐日英国大使館の跡地であった歴史的背景を利用者に感じてもらうため、植栽、石垣、腰壁やローズポール等は英国を象徴するイングリッシュガーデンを取り入れたデザインとしています。

また、敷地の東側には大使館敷地であった2015年2月にケンブリッジ公爵ウイリアム王子が旧英国大使館敷地内にお手植えされた桜「太白」を植樹し、利用者がゆっくり滞在できるよう「太白」を中心としてベンチなどを有するテラスを整備、西側は将来さらなる魅力向上を図るための施設等を計画していることから、現時点ではフリースペースの芝生広場とし、国民公園としての多様なニーズに応えるよう魅力ある空間を創出するようなデザインになっています。

そんな半蔵門園地の顔ともいうべき新たな出入り口の門柱および敷地を囲む塀角部の柱に弊社の擬石製品が採用されました。当初本石での製作も検討されたようですが、予算の関係もあり本石よりも安価で安定した製品が期待できる擬石が選ばれました。

この半蔵門園地は、2023年3月に一般開放されています。